フォトフェイシャル赤ら顔

フォトフェイシャルで赤ら顔が改善しました!

30代後半になると、だんだんとお肌の悩みが増えてきました。
肌のくすみ、目の下のシミ、ハリ感がない・・・いわゆる年齢肌と呼ばれる肌です。
悩みが1つではないので、自分でどうやってケアをすればいいのか分からなくなり、化粧品ばかり増えて悩みは全く解決できない状態が続いていました。

 

そんなとき、肌の綺麗な年上の知人に「年齢肌を感じるようになったら、美容皮膚科やエステサロンでケアをしたほうがいい」とすすめられました。
プロの目で自分の肌状態を確認し、何が必要かを知って、最新技術を使った施術を使うことは、セルフケアで無駄なお金をかけ続けるよりも絶対にお得だし効果がある、とのこと。

 

確かに!と納得した私は、早速いろいろな美容皮膚科やエステサロンを探し始めました。
美容皮膚科やエステサロンとはいっても、たくさんありすぎて最初は戸惑ってしまいましたが、検索を続けていくうちに何が必要なのかだんだんポイントが分かってきました。

 

まず、自分の必要としている施術を行なっていること。
スタッフの研修制度などがしっかりしていて、質の高い施術が受けられること。
そして、お値段が自分のお財布に合ったものであること。

 

この3つに絞って探し、最終的に私が決めたのはヴィトゥレでした。

 

まず、ヴィトゥレは、フォトフェイシャルを基本施術として、自分の悩みに合ったプランを組み合わせることができるので、私にように悩みがいくつもあるタイプにはピッタリなんです。
しかも、社内研修をクリアしたスタッフのみが施術をするというクオリティの高い技術力もあります。
さらに、最初の月は0円、その後は月額たった3600円(税抜)という安い月額制で充実したフェイシャルを受けることができるというサービスの良さに、もうヴィトゥレしかないと思いました。

 

実際に、私はフォトフェイシャルにうる肌プラセンタを組み合わせて施術を行ないました。
当初は年齢肌対策と思っていたのですが、カウンセリングで「フォトフェイシャルで赤ら顔も改善しますよ」と言われてビックリ。
確かに、昔から毛細血管拡張タイプの赤ら顔で、酷くはないものの少し気になってはいました。
毛細血管拡張タイプの赤ら顔は、フォトフェイシャルの効果で毛細血管が収縮して赤みが目立たなくなるんだそうです。

 

ヴィトゥレは全部で13回コースですが、ちょうど今半分程を終えたところです。
やっぱり、ちゃんとプロのケアを受けると肌の調子は格段に違います。
ハリ感も戻ってきましたし、何より顔全体のくすみがなくなってきました。
そして、何よりも赤ら顔が改善してきたんです。
毎日お化粧をしているので他人の目には分かりにくいかもしれませんが、まるでチークを塗ったような素肌だったのが、かなり赤みが減ってきました。
今は、13回コースが完了した頃、年齢肌だけではなく赤ら顔もなくなるんじゃないかって期待でいっぱいです。

 

「ヴィトゥレ」キャビテーション

 

赤ら顔改善化粧品おすすめ人気ランキング最新版はここから